2019AWEssence

2019/09/20

【ショップ訪問】美脚パンツ求め玉川髙島屋S・C店へvol.6

トップの写真、いつもと様子が違うでしょ? コラム3シーズンめにして初の試み、ショップ訪問の様子をお届けします! プライベートでは伊勢丹新宿店、ルミネ有楽町店、名古屋松坂屋店にはちょこちょこ出没していたのですが、今回は「はじめまして」の玉川髙島屋S・C店(現在閉店しております。)へお邪魔しました。

二子玉川に降り立つこと自体、とっても久しぶり。実は、前職の人材系営業時代はクライアントがこのあたりにあったため、月1ペースで通っていました。当時(約10年前)は再開発に向けた工事の真っ只中で、今ほど整備されていなかったけれど、そのワクワク感も毎回の楽しみで。天気のいい日は、アポが終わってから河原に座ってコーヒー休憩したり…仕事もちゃんとしていたはずですが、そういう補足情報のほうが今となってはよく覚えているものです(笑)。

脱線しましたが、BEIGE,は玉川髙島屋S・Cの本館2Fにあります。白を基調としたシンプルな様子は他の店舗と同様。それに加えて、天井の梁や柱を生かしたつくりが特徴で、一瞬「ん? ここはギャラリースペース??」と辺りを見渡してしまうほど素敵!


そんなおしゃれ空間で、ハイウエストパンツ2型×2色を拝見しました。左は共布ベルトが付き。このテのパンツはマニッシュになりすぎる傾向にありますが、これはベルトが細身でさりげないのが今どきです。右は、ウエスト部分にくるみボタンをあしらわれていて、少しマリンな雰囲気。ボーダーカットソーを合わせたいな…と妄想がもくもく広がります。

はい、はいてみました!バイカラーの Vネックニットとグレーをリンクさせて、新感覚のセットアップっぽく。フルレングスな丈感も新鮮です。


なんと!レジ横に本棚があるんです! 人気ブックディレクター・幅允孝さん監修で、ライフスタイルも洋書も詩集もあり。そして、なんとなんと! これら全部借りることができるんです! 本の後ろに図書カードが付いていて、実際にお名前が記入してあるものも。聞けば、この本棚のファンのお客様もいらっしゃるんだとか。本を通してのコミュニケーション、程よい距離感が大人っぽく、優しく、BEIGE,らしくていいな〜。

ラストは記念撮影(笑)。店長の秋山さんがとっても素敵な笑顔で出迎えてくださいます。ニコタマでは、「学校行事などにも頼れるネイビーがよく売れている」(秋山さん談)そう! ぜひ玉川髙島屋S・C店へ、遊びに行ってみてください。私もまた近々うかがいます!


パンツ(左)/¥39,000(税別)
パンツ(右)/¥29,000(税別)
カーディガン(小林さん着用)/¥27,000(税別)


【profile】
1985年愛知県名古屋市生まれ。大学卒業後上京し、約5年半、人材系企業に営業職として勤務。28歳でエディターを志し、転身。現在はフリーランスのファッションエディターとして小学館『Oggi』、講談社『mi-mollet』などで活躍中。またアパレルブランドや百貨店との商品開発、トークイベント、コラム執筆も担当。Instagram@kobayashi_bunでは日々リアルなコーディネートを更新中。noteではエッセイも。