2019AWEssence

2019/10/11

【ニット×ニット】レイヤードで味わい倍増!vol.9

前回の記事でインド人男性のファッションを真似するのにハマっていると書きました。この熱、冬も続行しそう。ニットに変えてみるのです、両方。シャツ×パンツとはまた異なる、温かみとリラックス感があります。想像するだけでワクワクしてきます。

それに、冬のアレから解放されるし! ボトムスと靴の間に挟まれて、色や素材感を迷うアレ。破れるととっても残念な気持ちになってしまうアレ。もうお分かりでしょうか? そう「タイツ」です。

数年前まではタイツ好きで、ネイビー、グレー、黒…ベーシックカラーでも色味や素材違いで何本も取り揃えていました。思い返してみると、当時は、スカートやヒール靴で大人のイイ女っぽく見せようという思考が強かったのかもしれません。だから、それに伴うタイツのことを考えるのも楽しかった。

でも…ここ2年くらいは、パンツもフラット靴も自信をもって身につけられるようになって。要は、肩の力が抜けてきたんでしょうね、きっと。そういうワケで、今はタイツといい距離感を保っています。

だから、今回のワンピース×パンツのレイヤードも気分にぴったり! 厚手のニットだと、モコモコしてしまうけれど、どちらも一見布帛のようなフラットな見え方で、着膨れ感はなし。付かず離れずの緩やかなAラインワンピースと、センターシームのラインで縦長効果のあるワイドパンツ。「レイヤード初心者」にもぜひオススメしたい組み合わせです。

私だったら、足元はおろしたての白コンバース。ニット×ニットと、パキッした小さい白。ああ…キーンと空気の済んだ冬晴れの日に、早く着たい!!

上/ウエストからすっと入ったピンタックとセンターシーム。かたいゴムを使用したベルト部分。きちんと感がありながらニットのリラックス感も残していて…大人な仕上がりです!

上/ともすると「ほっこり」しがちなニットワンピースですが、目が細かいハイゲージなのですっきり! ニットワンピースというより、ウール生地のワンピースという感覚で着られます。

ワンピース/¥33,000(税別)
ワイドパンツ/¥33,000(税別)


【profile】
1985年愛知県名古屋市生まれ。大学卒業後上京し、約5年半、人材系企業に営業職として勤務。28歳でエディターを志し、転身。現在はフリーランスのファッションエディターとして小学館『Oggi』、講談社『mi-mollet』などで活躍中。またアパレルブランドや百貨店との商品開発、トークイベント、コラム執筆も担当。Instagram@kobayashi_bunでは日々リアルなコーディネートを更新中。noteではエッセイも。