2019AWEssence

2019/10/18

【ジレ×パンツ】ビジュアルも中身もvol.10

いろいろなところで書いていますが、私は大の「買い物」好き。文字通り、自分でお金を払って買うのも好きだし、誰かが買い物した話を聞くのも好きだし、買い物している人を眺めるのも好き。

私の場合、買うためのルールが知りたいというわけではなく、「買う」に至るまでのその人だけのドラマに興味があって。「上京して初めての渋谷で、ドキドキしながら買った思い出のパーカ」「想定以上の値段だったものの、レジから引き返せず購入したヴィンテージのスニーカー」「亡き愛犬を懐かしんで買った、毛色そっくりなベージュのニット」…。どれも私や私のまわりの人の実話。その人だけの買い物にまつわるドラマが、成功も失敗も含めて、蓄積されていく―――それが買い物の醍醐味だと思うんです。そして、そうやって目が肥えていくと、素敵なモノに出合う率もどんどん上がるのもまたうれしい!

例えば、今回のジレやパンツもそう。正直、派手さやわかりやすさはないけれど、「ああ、絶対シルエットが素敵なヤツ!」と着る前にビビビッと来るようになりました。「買い物筋(肉)」のおかげで。

カシミアのように滑らかなウールのジレは、フードのフォルムが美しくキープされて、顔周りがエレガントに見えそうだわ。パンツは裾が細くなっているから、少したるませてはくと、サルエルパンツのようなリラックス感とレギンスのようなトレンド感を両方味わえそうね。…そう予想して試着すると、それプラス、ジレの軽さやパンツのヒップまわりの着心地の良さに驚くことができる。

見た目の素敵さも中身の充実具合も確認して―――ああ、買い物って楽しい! そう思いながら、いつも試着室で長居してしまっています! ショップの皆様、すみません(笑)。

上/フードを外すと、シンプルなV開きのノーカラージレに早変わりの図。ジレとしてはもちろん、ダウンのインナーに仕込んでも良し!

上/で、取り外したフード部分。フード部分だけでなく、前身頃のあたりから長めに取り外せるようになっていて、その左右をくるっと巻いてキュッと結べば…、はい、コンパクトなストールを巻いたような仕上がりに。秋の間は、ざっくりニットにこれだけでも暖かいし、素敵!



ジレ/¥63,000(税別)
ニット/¥27,000(税別)
パンツ/¥27,000(税別)


【profile】
1985年愛知県名古屋市生まれ。大学卒業後上京し、約5年半、人材系企業に営業職として勤務。28歳でエディターを志し、転身。現在はフリーランスのファッションエディターとして小学館『Oggi』、講談社『mi-mollet』などで活躍中。またアパレルブランドや百貨店との商品開発、トークイベント、コラム執筆も担当。Instagram@kobayashi_bunでは日々リアルなコーディネートを更新中。noteではエッセイも。