2019SSEssence

2019/02/01

【レース】ウィットに富んだ大人のレースvol.3

男性でも女性でも、その人にギャップのある一面を見つけると「おおお!」と萌えたりしませんか? 私は、強面のスーツ姿の(見知らぬ)男性が、ガラス張りエレベーターを目をつぶりながら乗っているのを見たとき「高いところが苦手なのね〜」と目尻を下げながら見守ったことがあります。あと、仕事で出会ったいつもエレガントな装いの女性は、ランチに行ったときの食べっぷりが見事で、「なんて気持ちのいい人!」と急に親しくなれました。

とまあ、ひとそれぞれキュンとくるギャップポイントは異なるでしょう。では、これはどうしょう? 「知的で立ち居振る舞いはきちんとしつつ、ウィットに富んだ冗談の言える女性」—————私はすんごくタイプです(笑)。今回紹介するTブラウス(Tシャツ型のブラウス)とニットはそんな女性のイメージなんです。

BEIGE,の洋服たちは、大人に似合うシンプルで端正なデザインが特徴。このTブラウスとニットを初めて見たとき、「え、これBEIGE,なんですよね?」と思わずタグを確認してしまいました(笑)。だってそのデザインに驚いたんです。Tブラウスは前身頃に、ニットは後ろ身頃にレースのプリントが施されているんですから。

デザイナー宮下さん曰く、BEIGE,の服をつくる上で「エレガント」というキーワードを大切にしつつ、一方で「ウィット感」を忘れないようにしているんだそう。例えば、Tシャツにキャミソールをレイヤードするスタイリングがありますが、それってちょっと大人にはハードルが高い…。でもこれは薄手のブラウス生地にレースキャミをプリントすることで、BEIGE,らしく上品に落とし込んでいます。ニットもそう。前はコットンとシルクの天然素材に対し、後ろはレースキャミをプリントした布帛。しかもです、このレース、デザイナー宮下さんが厳選したヴィンテージの本物のレースキャミソールをプリントしているそう。だからキャミソールのたゆみ感もストラップもとてもリアル! 経験や知恵やチャレンジ精神からくる本気具合に、思わず「おおお!」とうなり声をあげてしまいます(笑)。

大人による、大人のための、「ウィットに富んだ」服。私はジャケットのインナーにさらりと忍ばせて着ようと企み中です。上/薄手のニットとさらっと落ち感素材とキャミソールプリント。すべてのバランスが絶妙です。
下/実は、ニットの後ろ身頃、裾だけは本物のレースが付いているんです。あえてプリントしてあるレースとは異なるパターンなのもまた、洒落がきいています!


ニット/¥29,000(税別)
Tブラウス/¥25,000(税別)


【profile】
1985年愛知県名古屋市生まれ。大学卒業後上京し、約5年半、人材系企業に営業職として勤務。28歳でエディターを志し、転身。現在はフリーランスのファッションエディターとして小学館『Oggi』、講談社『mi-mollet』などで活躍中。またアパレルブランドや百貨店との商品開発、トークイベント、コラム執筆も担当。Instagram@kobayashi_bunでは日々リアルなコーディネートを更新中。noteではエッセイも。