BEIGE, Instagram Instagram Facebook Facebook Twitter

2020A/W

【カーキ】ブラウンより断然気になる秋の色

【カーキ】 【カーキ】

秋のトレンドカラーとしてここ数年推されてきたのは、ブラウン。赤みのあるブラウン、マロンクリームのような少しミルキーなブラウン、赤みも黄みもない、ビターチョコレートブラウンetc...私のクローゼットにも多種多様に揃いました。

トレンドになる前から好きなカラーだったから、というのもあります。ゆえに、毎年せっせせっせと買い集めていたわけですが、正直、少し飽和状態。簡単に言うと、飽きました(笑)。

私にとって、黒やネイビーは通年の定番カラー(私のインスタグラムをご覧いただくと、一目瞭然です)。ブラウンはそれらほどではないけれど、秋冬になると出番が多くなる、大事な2番手的ベースカラー。それなのに飽きてしまったわけですから、さあ困った!

...が、すぐに代わりが見つかりました(笑)。カーキです。

私のクローゼットに、カーキはほぼありません。ごくたまーに、カーキのシャツやジャケットを欲して探すのですが、試着してみるとなんだかアーミーで落ち着かない。毎回レジに持っていくまでに至らない。カジュアルは好きだけれど、“どカジュアル”なものは求めていないからなんですよね。

着てみたい、でもしっくりこない。そんなカーキに対して長い片想い期間を経て、ようやく両想いになれたのは、今季のBEIGE,のおかげです。

vol08サブビジュアル①.jpg

まず、BEIGE,のカーキはあまり緑っぽくないのが特徴。どうしても緑が強いとアーミーなイメージが強くなりますが、その心配がまったくナシ。また、ライトグリーン寄りの淡いカーキでもない。濃いけれど少しかすれた、スモーキーなカーキなのです。

素材との相性もまた良くて。クルーニットは、透け具合が上品なウール。インナーに着たブラウスもまたカーキの千鳥格子柄で、とろみのある素材。コットン系だとペタっとしてカジュアルになりますが、きれいめな秋冬素材ゆえ、それも回避できます。敢えて柄を透けさせて、ボウタイをラフに垂らすと、ほら、カーキの新しいレイヤードの完成。

脱アーミー、脱どカジュアル、脱アウトドア。辛口だけれどどこか柔らかい、品のある色味のカーキは、クローゼットにたっぷりある、黒やネイビー、ブラウン、グレーとのコーディネートも楽しめそう。

トップの写真では、いつものブラウンリップと黒ブーツを合わせていますが、リップをベージュやピンクにしたり、ブーツをアイボリーにしたりして、明度を上げたコーディネートも良さそう...と、このコラムを書きながら(書き終えてからにすればいいのに)、新しいリップを検索し始めています(笑)。

カーキと両想い希望の皆さん、ぜひお試しあれ、です。

ニット/¥26,000(税別)

ブラウス/¥27,000(税別)

キュロット/¥31,000(税別)

過去の掲載アイテム一覧

Prev
Next