BEIGE, Instagram Instagram Facebook Facebook Twitter

2019A/W

【フェイクスエード】意外? 肌が喜ぶマット素材

【フェイクスエード】 【フェイクスエード】
上質な素材感について語る際、「心地いい」という便利な言葉があります。自分が書いたものを含め、ネットでも誌面でも今まで使われてきた「心地いい」の範囲内には、動物や自然の恩恵を受けた素材が多かった。ふんわりと「心地いい」カシミアのニット、とろみのある「心地いい」シルクのシャツ……と。
 
それに対して、今回紹介する【MEDDON】シリーズのシャツとスカートは、フェイクスエード・人工皮革です。前述の定義に従えばカテゴリー外かと思いきや、これもまた、とても「心地いい」んですよ。
 
ここ数年、ハイブランド含め、あえて「フェイク」を使うことが世界のトレンドだし、レベルも格段に上がっている。それでも「フェイク」の言葉にひっかかる人は、まだまだ多いでしょう。私もそのひとり。「フェイクだけど高見えする」とか「フェイクとは思えない肌触り」とか。フェイクであることを、見くびっているわけです。でもこのシャツとスカートを着用してみて、大改心しました(笑)。もう「フェイクなのに…」と前置きするのは時代遅れなんだと、教えられた気がします。
 
だって、このフェイクスエード、とってもしなやか! スエード特有のごわっと感、肩の凝る感じが皆無です。それにツヤや光沢感などないマットな素材のはずなのに、なんだかしっとりしている。肌に直接シャツを着ても、素足でスカートをはいても、まったくガサガサしない。少し日焼けした、水分量の少ない初秋の肌にもやさしいって……すごくないですか?
 
だから私は堂々と言いますよ。このフェイクスエード、「心地いい」ですよ、と。
 
img_190823_sub01.jpg
 
上/ややグレイッシュなブルーにビターなチョコレートブラウン。夏の終わりからすぐに取り入れられる秋色配色です。シャツもスカートも、裾が断ち切り仕様のため、さらっとライトに着られるのが絶妙!
 
img_190823_sub02.jpg
 
上/緩やかな台形のラップスカート。サイドの大きめなポケット、それとゴールドのパーツがアクセントになっています。
 
 
 
小林 文(こばやし あや)
小林 文(こばやし あや)
1985年愛知県名古屋市生まれ。大学卒業後上京し、約5年半、人材系企業に営業職として勤務。28歳でエディターを志し、転身。現在はフリーランスのファッションエディターとしてOggiなどで活躍中。Instagramでは、日々リアルなコーディネートを更新中。
https://www.instagram.com/kobayashi_bun/
Prev
Next