News

News

support surface exclusive for BEIGE, support surface exclusive for BEIGE,

Event
2018.09.07
support surface exclusive for BEIGE,

 

logo-800.jpg

服は着用して初めて価値を持つとの信念から、衣服を着た女性を美しく演出する服作りを大切にしている「support surface(サポートサーフェス)」と、本質を大切にする女性に向け、凛とした気品、媚びない艶やかさ、洗練された上質さを表現する「BEIGE, (ベイジ,)」はコラボレーションライン「support surface exclusive for BEIGE,」2ndコレクションを9/12(水)にローンチ。

両ブランドに共通する“知的さ”と“上質感”をキーワードにしたコラボレーションは、大人の女性に不可欠な「ドレスアイテム」にフォーカス。シンプルさの中にも素材・ディテール・パターンによってエレガンス要素や特別感を表現したコレクションでは、フランネルのシャツドレス、ウールジャージーのノットディテールドレスとドレープドレス、デザインハイネックのファインゲージニットドレスの細部にまでこだわりぬいた全4型をラインナップ。

designer.jpg

support surface
研壁宣男氏が1999年に立ち上げ、始動させた自身のレーベル。服は着用して初めて価値を持つとの信念から、デザインの外見的な美しさを追求はもとより袖を通すことによって品質の良さを感じることが出来、衣服を着た女性の表情や立ち姿、振る舞いをより美しく演出する服作りを大切にしている。コレクションのほとんどは立体裁断から行い、ボディにまとわせた布に向き合いながらデザインを追求。機能性と着心地を求め、着る女性を主体に考え個性が映えるようあらゆる要素のバランスをとっている。